Hot Posts

6/recent/ticker-posts

NEUTRIK NCJ6FI-S コンボタイプのレセプタクルコネクタ

※ この記事にはアフィリエイトが含まれています。

ミキサーやオーディオインターフェイスなどに搭載されている XLR タイプとフォンジャック両方を搭載したコンボタイプのコネクタは省スペース化に貢献でき、エフェクターボードやラックシステムを構築する上で非常に有用です。

今回は、コンボタイプのレセプタクルコネクタである、NEUTRIK NCJ6FI-S を紹介させて頂きます。

NCJ6FI-S

NCJ6FI-S は XLR タイプとフォンジャックを共用できる、NEUTRIK オリジナルのレセプタクルコネクタです。

XLR タイプとフォンジャックが兼用のため、ジャンクションボックスやコネクタパネルの省スペース化が可能です。

NCJ6FI シリーズとして垂直基板用、水平基板用、ケーブルはんだ付け用の 3 タイプがラインナップされており、様々な設計に対応します。

ジャンクションボックスなどを自作する際には、ケーブルはんだ付け用の NCJ6FI-S がおススメです。

端子仕様

NCJ6FI シリーズの端子仕様は、公式 HP (Home Page) に掲載されています。

NCJ6FI-S 端子仕様 *Neutrik HP より引用
NCJ6FI-S 端子仕様
*Neutrik HP より引用

XLR とフォン端子がうまく配置されており、1 つのレセプタクルコネクタに収まっています。

配線例

XLR タイプとフォンジャックをそれぞれ配線

もっとも一般的な配線パターンと思われるのが、XLR タイプとフォンジャックをそれぞれ配線するパターンで、下の図のようなイメージです。

XLR タイプとフォンジャックを共通化して配線

XLR タイプとフォンジャックを共通化して配線することで、どちらのコネクタからの接続にも対応できるようになります。

ライブハウスやスタジオで LINE サウンドを XLR ケーブルで送りたい場合など、変換コネクタを持ち歩くことなく対応できます。

この時、XLR タイプとフォンジャックのインピーダンスが機器により異なる場合が多いため、接続する機器のインピーダンスについては事前に確認しておくことをおススメします。

レセクタプルコネクタの搭載例

あまり一般ユーザに浸透していないレセプタクルコネクタですが、エフェクターボードやラックシステムの省スペース化に貢献することができます。

ラックパネルへの搭載

ラックシステムにレセプタクルコネクタを搭載する場合、 コネクタパネルを使用することで簡単に搭載することができます。

ラック前面にコネクタパネルを設置して、ラック機器背面のコネクタを







エフェクターボードへの搭載








h3 見出し




その他のレセプタクルコネクタ

XLR オス





USB




h3 見出し




h3 見出し




h3 見出し




最後に







Reactions

コメントを投稿

0 コメント