Let's note CF-AX3 の SSD を交換してみた

Random Posts

Let's note CF-AX3 の SSD を交換してみた

128 GB から 256 GB の SSD へ交換

先日購入した Panasonic Let's note CF-AX3 の SSD を購入早々に元々装着されていた 128 GB から 256 GB のものに交換しました。
今回は SSD を交換しようと思った理由と、交換方法について書いていきたいと思います。




どうして 256 GB SSD に交換したの ?

先日購入した CF-AX3 は、外出時に使用するサブ PC として考えているので、正直 128 GB SSD でも容量的には十分だと思っています。
しかし、最近のソフトウェアは結構容量を食うものもあるので、念のため容量変更しておこうと考えました。

実際に普段使用しているデスクトップ PC では、システムファイルの保存に使用している 128 GB SSD が容量オーバーになりかけたことがありました。
DTM 関連ソフトを全て別のドライブに移行する事で空き容量を確保しましたが、HDD に移動したため読み込みに若干時間がかかるようになりました。

データファイルを別のドライブに保存していたデスクトップ PC ですらこの状況ですから、今回はシステムファイルとデータファイルを同じ SSD に保存することを考えると、サブ PC と言えど 256 GB くらいの容量は必要かなと考えて、SSD 交換に踏み切りました。

交換した SSD は ?

今回交換した SSD は、Zheino の mSATA 256GB SSD になります。
CF-AX3 の SSD は mSATA SSD という規格になるのでその点はご注意ください。



正直あまり聞いたことのないメーカでしたが、Amazon で 4,000 円を下回るくらいの価格で購入することができ、製品評価もそこまで悪くないことからこちらの SSD を選択しました。

実際に CF-AX3 では問題なく使用することができ、相性的な問題も今のところ出ていません。
あとは、使いながら耐久性的な分に期待です。

2020/2/19 追記
Zheino の mSATA 256GB SSD は Amazon での取り扱いが終了してしまったので、下記の mSATA SSD も CF-AX3 におススメです。



CF-AX3 の SSD 交換

CF-AX3 の分解と SSD 交換についてこれから書いていきますが、参考にされる場合は自己責任でお願いします。

すでに販売から 6 年ほど経過した PC なので、メーカ補償対象の CF-AX3 をお持ちの方はいないと思いますが、分解した瞬間に Void シールが剥がれてしまうのでメーカ補償はもちろん受けられなくなります。

CF-AX3 の SSD 交換手順 

CF-AX3 の分解は下記のような手順で行います。
  • Windows のシャットダウン
  • メインバッテリーの取り外し
  • 底面のビスの取り外し
  • サブバッテリーの取り外し
  • SSD の交換
  • 逆の手順で復帰
SSD の交換が終わったら逆の手順で復元します。

Windows のシャットダウン

CF-AX3 はディスプレイを閉じるとスリープモードに入ってしまうため、意外と忘れそうですが、まずはしっかりとシャットダウンをしましょう。

メインバッテリーの取り外し


写真のようにメインのバッテリーを取り外します。

底面のビスの取り外し



写真に写る 18 本のビスを取り外します。
一般的なプラスドライバーで取り外せますが、ねじ頭が舐めないように注意してください。
この時、赤丸で囲んだ 2 本のビスだけ長さが違うので、戻すときに注意が必要です。


ビスをすべて外し、底面を開けると写真のような状態になります。
私の場合は埃等もなくきれいでしたが、埃がある場合はサブバッテリーを外した後静電気対策をしっかりとしてから埃を除去するとよいでしょう。

サブバッテリーの取り外し



上の写真のテープ 1 を取り外し、続いて下の写真のテープ 2 を取り外します。
その後、サブバッテリーのコネクタを外します。


このとき、サブバッテリーの配線が案外細いので、断線させないように注意して作業を進めてください。



SSD の交換

ようやく目的の SSD の交換になります。
すでに交換した後の写真になりますが、丸の破線で囲っている部分が mSATA になります。
静電気に注意して SSD の交換を行ってください。


逆の手順で復帰

これまで紹介した手順をさかのぼって CF-AX3 を組み立てます。
そこまで注意点は無いと思いますが、ビスの締めすぎに注意です。

外した時の感触で何となくわかると思いますが、思ったよりも弱いトルクで締め付けられているようです。

SSD を交換したら OS のクリーンインストール

SSD 交換したら任意の OS をクリーンインストールしますが、私は Windows 10 をクリーンインストールしました。
※ 元の OS は Windows 7


OS のクリーンインストールについては、そのうち別の記事で書いていければと思います。


最後に

Panasonic Let's note CF-AX3 の SSD の交換について今回は書いてきました。
意外と簡単に交換できるので、中古で Let's note を購入された方は挑戦されてみてはいかがでしょうか。

もちろん、分解した時点でメーカ補償対象外になってしまいますし、中古ショップの保証すら受けられなくなると思われますので、そのあたりは自己責任で行ってください。

次回は、交換した SSD への OS クリーンインストールについて記事にできたらなと思っています。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを投稿

0 コメント