デスクトップ PC 用 メモリ CORSAIR DDR4-2666MHz

Random Posts

デスクトップ PC 用 メモリ CORSAIR DDR4-2666MHz



数回にわたり静音 PC の自作について記事にしていますが、今回は自作 PC に搭載したメモリ CORSAIR DDR4-2666MHz を紹介したいと思います。

※ 今回自作した PC についての記事をまとめました。


安心の CORSAIR ブランド

信頼の CORSAIR ブランド

PC メモリはいろいろなメーカが販売しており、どのメーカのものを購入すべきか迷ってしまいますが、今回は CORSAIR ブランドのものを採用しました。

あまり自作 PC 用部品のメーカには詳しくないので、聞いたことがあるメーカだと安心できます

また、価格が比較的安価である点も評価できます

DTM のためにメモリ容量は 18 GB を選択

今回の自作 PC の主な用途は DTM にしようと考えているので、メモリは 16 GB を選択しました。
私が購入したタイミングでは、おおよそ 9,000 円前後でした。


DTM 向けのソフトウェアは、CPU の性能よりもメモリの容量の方が重要になってくるので、使用するソフトウェアに合わせて選択する必要があります。

また、同時に複数の音源を鳴らす場合は、容量が大きい方が有利といえます。

私の場合は、ロック程度の音楽しか嗜まないので、複数の音源を同時に使用することが少なく、最もメモリ容量が必要になるソフトウェアも BFD3 程度なので、16 GB で十分と判断しました。

もちろん、オーケストラのような様々な音源を多用する方は、32 GB でも足りない可能性がありますので、 注意が必要です。

XMP2.0 で 2666 MHz 動作

CORSAIR DDR4-2666MHz ですが、実は普通に PC に搭載して起動しただけでは、2666 MHz 動作してくれません

BIOS 状の拡張メモリプロファイルで、XMR2.0 を選択してから起動する必要があります

そのため、CORSAIR DDR4-2666MHz を購入する場合は、マザーボードが XMR2.0 に対応しているか確認しておくとよいでしょう。

アルミ製ヒートスプレッタ搭載

アルミ製ヒートスプレッタを搭載

CORSAIR DDR4-2666MHz は、アルミ製のヒートスプレッタを搭載しています。

メモリに取り付けられたヒートスプレッタがどれほどの効果を持つのかはよくわかりませんが、2666 MHz 駆動の場合は OC で駆動させることになるので、無いよりはあった方がいいと思います

あまり重要ではありませんが、見た目的にもヒートスプレッタが搭載されていた方が高級感はあります。

マザーボードへの取り付け


前回紹介した、ASUS PRIME H310I-PLUS R2.0/CSM マザーボードに CORSAIR DDR4-2666MHz を取り付けます。

メモリのマザーボードへの取り付けは嵌め込むだけなので、もはや説明不要だと思いますが、一応紹介しておきます。


一般的なメモリ取り付け

メモリスロットにしっかりと差し込んでいきます。

メモリをマザーボードのメモリスロットに、しっかりと挿入します。
想像以上にメモリの取り付けは力を入れて行う必要があります。

今回はメモリの本数とメモリスロットの数が同じなので、何も考えずに挿し込んでいます。

メモリスロットの数が多い場合は、使用するメモリ本数によって挿し込む場所が決まっているので、マザーボードの説明書を読んで確認しておきましょう。

ヒートスプレッタが搭載されているので CPU クーラとほとんどクリアランスがありません

前回取り付けた CPU クーラ (Alpine 12 Passive) が非常に巨大だったので、メモリとのクリアランスがほとんどありません。

最後に

今回は、自作 PC に搭載したメモリ CORSAIR DDR4-2666MHz を紹介させて頂きました。

これといって特徴を持ったメモリではありませんが、知っているメーカのメモリだと安心感があります

価格も安価ですので、メモリを探されている方は是非検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※ 今回自作した PC についての記事をまとめました。



コメントを投稿

0 コメント