Subscribe Us

第 2 種 ME 技術実力検定試験について

第 2 種 ME 技術実力検定試験とは 

医療従事者や臨床工学技士を目指す人、医療機器営業に携わっている人であれば、聞いたことのある資格になると思います。

本試験運営元の公益社団法人日本生体医工学会によると、
“この試験は「ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質」を検定するものです。”
と定義されています。

医療従事者の場合は本資格だけで働いている人もいますが、大多数がそのほかの国家資格を有していると思われます。

臨床工学技士を目指す人にとっては、臨床工学技士国家試験と出題内容が近い部分があるので、学校側から在学中に取得を促される場合が多くなります。

医療機器営業をされている方であれば、とりあえず自分の医療機器に対する知識を深める意味で役に立つかと思います。

留意しておくべき点

留意しておく点としては、第 2 種 ME 技術実力検定試験があくまで民間資格だということです。

本資格に合格していても国家資格ではないので、就業先で特別できる業務が増えるというわけではありません。
あくまで、このぐらいの知識を有していますという指標です。

医療機器営業などを行う民間企業では僅かながら評価されるかもしれませんが、医療現場では国家資格保有が当たり前の世界なので、ほとんど役に立つことはないでしょう。

私自身も第 2 種 ME 技術実力検定試験に合格していますが、資格として役に立ったことはありません。

臨床工学技士を目指す学生にはほぼ必須要件
資格として役に立つことは少ないですが、臨床工学技士を目指す学生にとっては押さえておく必要がある資格です。

学校にもよりますが、第 2 種 ME 技術実力検定試験を取得していない学生の国家資格受験を認めない場合もあります。
※ 国家資格受験必要要件の単位に紐づけて、不合格者は単位不足とするようなやり方。

このやり方には賛否両論あるかと思いますが、たいていシラバスには明記されているので、直前で何を言おうが抗うことは非常に難しです。

また、臨床工学技士を目指す人であれば在学中 (特にも就職活動前) に取得しておかないと、面接で間違いなく「なぜ取得していないのか」尋ねられることになります。

勉強方法について 
勉強方法はいろいろあるかと思いますが、基本的には第 2 種 ME 技術実力検定試験全問解説を繰り返し解くことがベストです。
基本的にどの資格でも運営元が出している書籍以上の攻略本は無いと思っています。

繰り返し解いていけばわかると思いますが、毎年同じような問題が出題されています。
新規の問題が無いわけではありませんが、総出題数から考えれば微々たるものです。
正直そんな問題は諦めても問題ありません。

余力があればですが、ME の基礎知識と安全管理を読んでおいてもいいでしょう。
テキストとしてはこれ以上のものはありません。
 
第 1 種 ME 技術実力検定試験でも十分通用するテキストです。

最後に
「資格として役に立ったことはない 」などと乱暴なことを書いていますが、取得することには意味があると思います。

合格点をとれるまで勉強をして、医療機器に関する知識を手に入れることと、その姿勢を学ぶことが重要なのだと思います。

私自身、本試験を通して身に着けた医療機器に関する知識と、勉強に取り組む姿勢には何度も助けられました。

本試験に興味を持っている方には、ぜひ一度試験を受けてみて頂ければと思います。

関連記事: [学生向け] 第2種 ME 技術実力検定試験への心構えや勉強法など

コメントを投稿

0 コメント