大学生からクレジットカードは活用すべき

Random Posts

大学生からクレジットカードは活用すべき

大学生こそクレジットカードを持つべきと思う理由

クレジットカードを大学生が持つべきと思う理由は、通常の大学生はそんなに裕福ではないので、お財布にそんなにお金が入っていないからです。

そして、コンビニでの引きおろし手数料が免除されるくらい口座が潤っている方も少ないからです。

今大学生の方や、過去大学生をしていた方は当時を振り返ってもらえればと思いますが、無駄にコンビニで手数料を払ってお金をおろしていた記憶があると思います。

210 円程度といえど、もちりも積もればです。
無駄にはできません。



常に一定額お財布に入れておけばいいのでは…

常に一定額をお財布に入れておく方法もいいと思います。
今回は仮に 1 万円常にお財布に入っているものとします。
(私が大学生の時は恥ずかしながら 3 千円くらいしか入ってませんでしたが...)

しかし、常に 1 万円くらいお財布に入れていても、通常の食料品や日用品を現金で支払っていると一瞬でお財布からお金が無くなります。

いざ飲み会という時に最低でも 3 千円、ましてや二次会にカラオケなど行こうものならもう 3 千円で、合計 6 千円程度必要になります。

首都圏ならこれで済みますが、地方ならさらにタクシー代が必要になります。
1 万円など一瞬で無くなります。

食料品や日用品はクレジットカードで支払いを!!

食料品や日用品はをクレジットカードで支払うようにしていれば、常にお財布に入っている 1 万円は減りません。
そのため飲み会などの急な出費に対応できます。

そのうえ食料品や日用品は絶対に必要な支出なので、クレジットカードを使いすぎてしまうことは基本的にありません。

月の定額支出に対して、クレジットカードは非常に有効なのです。

定額支出以外への使用は要注意

逆に言えば、定額支出以外へのクレジットカードの使用は要注意です。

その場でお財布からお金が無くならないからと言って、服や趣味のものにクレジットカードを安易に使用するのは危険です。
常に毎月の支払額に私のように怯えることとなります。

私は常に使用状況や引き落とし額を確認するために、マネーフォワード ME を使用しています。
お金の見える化ができて非常に便利です。

公式 HP: https://moneyforward.com/

クレジットカードを利用すべきもう一つのメリット


クレジットカードを使用することにはもう一つのメリットがあります。
それは、利用金額に応じてポイントが貯まることです。

馬鹿にできない日常生活で貯まるポイント

たかだか数ポイントと思うかもしれませんが、これこそちりも積もればです。
下の画像は実際の私が保有しているクレジットカードを利用して貯めたポイントですが、現在 22 万円分くらいです。

2016 年くらいに一度 2 千円くらいまで下がっていて、そこからわずか 3 年で 22 万円です。
3 年でこれだけ貯まるのですから馬鹿にはできません。


食料品や日用品、服や趣味に、クレジットカードで決済できるものは全てクレジットカードで決済することでこれだけ貯めています。

貯めたポイントつかえよ (笑) と思うかもしれませんが、私が貯めているポイントは JAL のマイルなので、ファーストクラスで海外旅行にでも行こうかと思って貯めています。

ポイントで旅行なんて考えていない人にも

もちろんマイルを貯めようなんて思わなくても、楽天カードなどでポイントをためればいろいろなものを買うことができるので、そちらの方がおススメです。

22 万円分もあれば、大抵のものは楽天で買えると思います。

しかも私の場合は JAL マイルでこのくらいのポイントですが、楽天ポイントの方がよっぽど貯まりやすいので、もしかしたら 3 年で 30 万円分くらいにはなっていたかと思います。

最後に

社会人にもなれば、口座の預金額が増えるのでコンビニの引きおろし手数料が優遇されていたりして、突発的な支出でも引きおろし手数料がかからないのですが、学生ではそうもいきません。
そのため、食料品や日用品でのクレジットカードの利用は大学生の方が恩恵が大きいと思います。

ちなみにこんな記事を書いていますが、私が積極的にクレジットカード決済をし始めたのは社会人になってからです。

それまでの間もクレジットカード決済自体は利用していましたが、これほど多くはありませんでした。
その間に貯まるはずのポイントは無駄になってしまったのです…

この記事をご覧になって、クレジットカードの利用にメリットを見いだせた方はぜひご利用頻度を上げてみてはいかがでしょうか。

しかしながら、くれぐれも“ご利用は計画的に”お願いします。

コメントを投稿

0 コメント