Subscribe Us

PETERSON StroboStomp HD 高精度なペダル型チューナ

エレキギターやエレキベースをやっていると、エフェクターなど様々な機材が増えていくものです。

そんな中でも欠かせない機材に、チューナが挙げられます。

今回は、私が愛用している高精度なペダル型チューナである、PETERSON StroboStomp HD を紹介していきます。

PETERSON StroboStomp HD

StroboStomp HD は、PETERSON 最大級の画面を有した高精度ストロボチューナーで、素早く0.1 セントの精度でチューニングが可能です。

ディスプレイ色の変更、トゥルー/バッファード・バイパス切り替えにも対応し、柔軟に設定できる高精度ペダル型チューナーです。



高精度なストロボタイプチューナ

StroboStomp HD は、PETERSON チューナの特徴である、ストロボ式のチューナです。

ストロボ式のチューナの特徴として、高精度のチューニングが可能であることが挙げられます。

ストロボ式のチューナは、ディスプレイ上を流れている光が安定していくと、チューニングが安定していくことを示す方式のチューナです。

そのため、クロマチックチューナに慣れている方は、はじめは違和感を感じるかもしれません。
しかし、ピッキングから音が消える瞬間まで音程は常に変動しているものと認識できると、逆にストロボ式のチューナのほうが身体に馴染んでくると思います。

視認性良好な大型ディスプレイ

StroboStomp HD は、チューナの中でも最大級の LED ディスプレイを搭載しているため、視認性が抜群です。

ステージ上においても、足元のチューナを屈まずに確認することができます。

また、ディスプレイ色を 10 種類から選択可能で、ユーザの好みや環境に合わせて設定することができます。

トゥルー/バッファード・バイパス切替

StroboStomp HD は、トゥルー/バッファード・バイパス切替機能を備えており、演奏者のエフェクトシステムの構成に応じた、フレキシブルな運用が可能になっています。

エフェクトシステムの先頭に StroboStomp HD を設置する際は、バッファード・バイパスを選択するとよいでしょう。

エフェクトシステムの先頭に他の高品位なバッファーを設置する場合は、トゥルー・バイパスを選択するとよいでしょう。

100 % ポップレストゥルー・バイパス

StroboStomp HD は、100 % ポップレストゥルー・バイパスを備えています。

通常トゥルー・バイパスを実現するためには、機械式スイッチが用いられているため、踏むたびに「ボッ」というポップノイズが信号に乗ってしまいます。

ポップノイズはアンプから増幅から出力されてしまうため、完全なミュートを目的としているチューナのスイッチから発生してしまうと、想像以上に不快感を聴いている相手に与えてしまいます。

StroboStomp HD はポップノイズを完全に抑制するために、トゥルー・バイパスモードでの信号処理方法を再設計し、音質に影響を与えることなく静かな移行を実現しています。

高精度なチューニングの大切さについて

私自身、StroboStomp HD を使用するまで精度の高いチューニングの必要性を理解できていませんでした。

しかし、一度 StroboStomp HD を使用してチューニングして弾いてみると、コードがより一層きれいに鳴るようになり、楽器から出力されるサウンドがワンランクアップしたような感覚を覚えました。

よりよいサウンドを追求するために、楽器やアンプ、エフェクターなどに投資する前に、一度高精度のチューナを試してみる価値は十二分にるあると考えます。

また、楽器はチューニングを行うことによって、はじめて適切な音程で演奏することが可能になります。
とくにも楽器を始めたばかりのころこそ、正しい音感を身に着けるために、高精度なチューニングは大切なのです。

もちろん、必ずしも StroboStomp HD である必要はありませんが、チューナとしてはストロボ式の高精度チューナがおススメしたいところです。

最後に

今回は、私が愛用している高精度なペダル型チューナである、PETERSON StroboStomp HD を紹介させて頂きました。

StroboStomp HD は、PETERSON 最大級の画面を有した高精度ストロボチューナーで、素早く0.1 セントの精度でチューニングが可能です。

高精度チューナでチューニングした楽器のコード感は、ワンランクアップしたサウンドを提供してくれるため、想像以上に恩恵は大きいです。

チューナの購入で悩んでいる方は、ぜひ一度検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを投稿

0 コメント